第38回肺がん医療向上委員会 WEBセミナー

平素は日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会に多大なるご理解とご支援を頂き心より御礼申し上げます。
さて、当委員会では、異なる業態・業種の方々が一体となって、肺がん医療(がん医療)の正しい情報発信に取り組んでおります。
New England Journal of Medicineに掲載された肺がん患者における早期緩和ケアは、QOL(quality of life:生活の質)が改善されるのみならず、生存期間も延長すると報告され多くの医療者に衝撃を与えました。あれから10年以上が経過し、日本においても緩和ケア、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の重要性は広く知られるようになりました。
このような背景より、緩和ケア治療の最前線を含め「肺がん診療におけるアドバンス・ケア・プランニングの重要性」とのテーマで、東北大学大学院医学系研究科緩和医療学分野 教授 井上 彰先生を講師に、講演と総合討論を企画しました。
ご多忙の折とは存じますが、是非多くの皆様のご視聴をお待ちしております。なお、新型コロナウイルス感染拡大の安全性を考慮し、WEB開催といたします。

【プログラム】
<Opening Remarks>
司会:大泉 聡史(日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会委員長)

<講演>
肺がん診療におけるアドバンス・ケア・プランニングの重要性
演者:井上 彰(東北大学大学院医学系研究科緩和医療学分野)

<総合討論> 
ファシリテーター:
大泉 聡史(日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会委員長)
パネリスト:
井上 彰(東北大学大学院医学系研究科緩和医療学分野)
佐々木 治一郎(北里大学医学部附属新世紀医療開発センター・横断的医療領域開発部門臨床腫瘍学)
高橋 由美(肺がん医療向上委員会/北海道がんセンター)

<Closing Remarks>
大泉 聡史(日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会委員長)

日程 2022年8月31日(水)
開催時間

18:00~19:30

開催場所 ウェブ配信
参加費

無料

申込み方法

お申込フォーム又は下記までお願いします。(要事前申込)

特定非営利活動法人 日本肺癌学会
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル4階
TEL 03-6225-2776 / FAX 03-3272-8655
Email:office@haigan.gr.jp

対象者 医師・医療従事者・一般の方
その他・追記・注意事項

※配信元URLはお申込み頂いた方に、開催前日にご連絡いたします。

主催

特定非営利活動法人 日本肺癌学会

後援

がん情報サイト「オンコロ」

    お申込みフォーム

    株式会社●●●●
    東京都中央区日本橋1-●-● ●●ビル4階
    03-0000-0000
    03-0000-0000
    山田 太郎
    田中 次郎
    contact@sample.jp
    contact@sample.jp
    患者・患者家族・知人患者支援団体医療従事者行政関係製薬企業CRO・SMO関係医療機器メーカーヘルスケア関連企業生命保険会社メディア出版社その他
    その他連絡事項をご記入ください

    ※申し込みフォームよりお預かりした情報は、許可なく、肺がん医療向上委員会の開催のご案内その他関連事項の連絡以外に利用することはありません。