第18回肺がん医療向上委員会セミナー

下記の要領にて、第18回肺がん医療向上委員会を2018年1月31日(水)に開催する運びとなりました。
本委員会では、学会、医師だけでなく、メディカルスタッフ、製薬関連企業、医療機器関連企業、更にはヘルスケア企業、一般企業、メディア、そして患者・家族を代表する団体、組織も加わり、ことなる業態・業種の方々が一体となり、肺がんの正しい情報を提供すると共に、正しい診断と治療がなされる環境を目指し活動しております。

 2017年10月11日、日本臨床腫瘍学会・日本癌治療学会・日本癌学会合同の「次世代シークエンサー等を用いた遺伝子パネル検査に基づくがん診療ガイダンス(第1.0版) 」が公開されました。現在、各種遺伝子の異常、変異に基づいた分子標的薬剤の治療等が普及に伴い、今後次世代シークエンサー等を用い多数の遺伝子を一度に解析し、治療方針が決定されることは、過去本会でも取り上げたprecision medicine(プレシジョン・メディシン)にも大きく寄与すると考えられています。
 このような背景から、今回は「がん遺伝子パネルはこれからのがん医療をどう変えるか?」と題し、西尾 和人 先生 (近畿大学医学部ゲノム生物学教室)にご講演頂きます。講演後には講師、肺がん向上委員会委員への質問にお答え頂くQ&Aセッションも予定しておりますので、是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<特別講演>
「がんゲノム医療と遺伝子パネル検査について」
近畿大学医学部ゲノム生物学教室 西尾 和人 先生

日程 2018年1月31日(水)
開催時間

17:00~18:30

開催場所 「文藝春秋 新館8階」 株式会社ジェイ・ピーアール セミナールーム
参加費

無料

申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
対象者 一般向け
主催

肺がん医療向上委員会(日本肺癌学会)

開催協力

開催趣旨に賛同頂き株式会社ジェイ・ピーアール様より会場提供頂いております。

お申込みフォーム

株式会社●●●●
東京都中央区日本橋1-●-● ●●ビル4階
03-0000-0000
03-0000-0000
山田 太郎
田中 次郎
contact@sample.jp
contact@sample.jp
その他連絡事項をご記入ください

※会議室は収容人員に限りがあるため、参加人数により会場を変更する場合もございます。会場調整の関係、お早めにお申込ください。
※申し込みフォームよりお預かりした情報は、許可なく、肺がん医療向上委員会の開催のご案内その他関連事項の連絡以外に利用することはありません。