第36回肺がん医療向上委員会 WEBセミナー

平素は日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会に多大なるご理解とご支援を頂き心より御礼申し上げます。
さて、当委員会では、異なる業態・業種の方々が一体となって、肺がん医療(がん医療)の正しい情報発信に取り組んでおります。
新型コロナウイルス感染症の影響で受診を控えている方が多くなり、がん検診の受診者数は減少しております。2021年は、2020年を上回るもコロナ禍前の2019年に比べ-10%程度と依然低い水準となっています(日本対がん協会の調査)。また、日本肺癌学会の調査においても新規に肺がんと診断される患者数は減少しています(2021年5月調査発表)。
このような背景より、未だ先行きが見えない新型コロナウイルスの感染状況をうけ「新型コロナ感染と肺癌診療 -受診控えをなくそう」とのテーマに、この領域に関わる医療者、患者さんを含め、講演と総合討論を企画しました。
ご多忙の折とは存じますが、是非多くの皆様のご視聴をお待ちしております。なお、昨年来の新型コロナウイルス感染拡大の安全性を考慮し、WEB開催といたします。

【プログラム】
<Opening Remarks>
司会:大泉 聡史(日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会委員長)

<講演①>
新型コロナ感染症が肺癌診療に及ぼした影響(日本肺癌学会調査報告を中心に)
演者:杉尾 賢二(総務委員会委員長・大分大学医学部呼吸器・乳腺外科学講座)

<講演②>
アフターコロナに向けた肺がん検診の受け方
演者:中山 富雄(国立がん研究センター社会と健康研究センター検診研究部)

<総合討論> 
ファシリテーター:
大泉 聡史(日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会委員長)
津端 由佳里(肺がん医療向上委員会)
パネリスト:
杉尾 賢二(総務委員会委員長・大分大学医学部呼吸器・乳腺外科学講座)
中山 富雄(国立がん研究センター社会と健康研究センター検診研究部)
長谷川 一男(肺がん患者の会ワンステップ)

<Closing Remarks>
大泉 聡史(日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会委員長)

日程 2022年4月27日(水)
開催時間

18:00~19:30

開催場所 ウェブ配信
参加費

無料

申込み方法

お申込フォーム又は下記までお願いします。(要事前申込)

特定非営利活動法人 日本肺癌学会
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル4階
TEL 03-6225-2776 / FAX 03-3272-8655
Email:office@haigan.gr.jp

対象者 医師・医療従事者・一般の方
その他・追記・注意事項

※配信元URLはお申込み頂いた方に、開催前日にご連絡いたします。

主催

特定非営利活動法人 日本肺癌学会

後援

がん情報サイト「オンコロ」

    お申込みフォーム

    株式会社●●●●
    東京都中央区日本橋1-●-● ●●ビル4階
    03-0000-0000
    03-0000-0000
    山田 太郎
    田中 次郎
    contact@sample.jp
    contact@sample.jp
    患者・患者家族・知人患者支援団体医療従事者行政関係製薬企業CRO・SMO関係医療機器メーカーヘルスケア関連企業生命保険会社メディア出版社その他
    その他連絡事項をご記入ください

    ※申し込みフォームよりお預かりした情報は、許可なく、肺がん医療向上委員会の開催のご案内その他関連事項の連絡以外に利用することはありません。